読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コペル書評

読んだ本の感想をメモ。

引き寄せの法則 | この説得力の正体は何か

「引き寄せの法則」はネットの至るところで見かける言葉である。その原点となったのが本書。ベストセラー「ザ・シークレット」の元ネタ本でもある。 ふと思い立ってこの本を買ってみた。 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ) 作者…

「幸せをお金で買う」5つの授業 | 一読すれば、「もっと金が欲しい」という発想が消える。

「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY 作者: エリザベス・ダン,マイケル・ノートン,古川奈々子 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版 発売日: 2014/02/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 本書のテーマは、お金の使い方…

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか? |当たり前の現実がなぜわからないのか

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる 作者: 海老原嗣生 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/01/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 就活をしたのはず…

タオを生きる | あるがままに生きるとは思考を信じないこと

タオを生きる---あるがままを受け入れる81の言葉 作者: バイロン・ケイティ,スティーヴン・ミッチェル,ティム・マクリーン,高岡よし子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/09/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者のケイティは欧…

自分探しと楽しさについて 森博嗣

小説家の森博嗣によるエッセイ。 「自由をつくる自在に生きる」と同様に、素朴に思うところを書いている。 どうすれば自分が見つかるのか、楽しい人生を送れるか、というテーマだが、もちろん万人向けの答えはない。ただし、考えを深めるヒントが散りばめら…

幸福の計算式 ニック・ポータヴィー

幸福をどう理解するかについて、実に示唆に富む本です。 人々の直感に反するような内容が実に多い。 本書の中には、幸福感という「主観的なテーマも計算できる」という点を説明した部分が多いけど、それ以外の部分が面白かった。 周囲の人との比較で幸福感が…